top of page

On Your Way to Amazinghood(素晴らしさへの道)

「将来、あなたはこんな人になれると思う」

他人を見る時に、何が見えるだろうか?現在のその人の姿だけが見えるのか、それとも信仰によってその人の将来の姿を見ることができるだろうか。

言葉には思っている以上の影響力がある。命と希望を与える言葉を選んで、洞察力と誠意を持って人の人生に語りかけるべきだ。

今夜、将来の見通しについて、若い女性と会話をする機会に恵まれた。その女性に話したのは、30年以上前に出会って結婚した頃の妻と、今日の妻は同じ女性ではないことである。会ったばかりの頃の妻ももちろん素晴らしい女性だったが、今日、妻はさらに優雅で、慈悲深く、愛情深く、敬虔な女性になった。そしてこの若い女性に、彼女自身も素晴らしい人になるための道のりを歩んでいることを説明した。人には皆、弱点や欠点があるが、神に人生を委ねることによって、神の宿命通りの素晴らしい人間になることができる。そこで自分に問いかけるべき質問はこれだ:謙って、自分の意志を手放し、自分の成長を神に任せることができるだろうか?

数年前、「変化は労力を要するので嫌だ」とセラピストに言ったことを覚えている。痛みや苦しみのない、簡単でのんきな生活を送りながらこの世での命を全うしたいと思っていた。福徳円満な人生さえあれば良いという考えだった。この会話が人生の決定的な瞬間となった。その時に始めて、「マンネリ」を脱するには変化が不可欠だと言う事実を認める決断をした。セラピストが紹介してくれた一つの歌を聞いて、喜んで変化を受け入れよう、という思いが超自然的に心の中で湧き上がってきた。今は、いつまでも変化を続けていきたい、いつまでも人と違うことやっていきたい、と祈るようになった。興味があれば、Micah Tyler 作詞作曲の「Different」という歌を聞いて欲しい。

年を取ることの一つの利点は、人を見る目が変わってくることだ。人の過去の事情や現在の姿が見えるようになる。ごく普通で平凡な人生を送っているように思える人でも、多くの努力を重ねてきたからこそここまで成長したことがわかってくる。

現在、道場を訪れる全ての人を愛と尊敬の目で見ることにしている。誰もが神からの大切な贈り物であり、素晴らしい人間になる召命を受けている。みんなで神が身近に置いてくれた人々と、お互いの素晴らしい点を認め合い、お互いを励まし合い続けて行こう。

....Kevin

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page